メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この空の下で

それぞれの移住物語 徳島・佐那河内 やりたいことは「笑顔」

硬筆教室で生徒の作品をチェックする植松里奈さん(左)=徳島県佐那河内村で、倉田陶子撮影

 ピンと張り詰めた静寂の中で耳を澄ますと、サラサラサラと鉛筆が紙をなぞるかすかな音が聞こえてきた。2015年10月に東京から徳島県唯一の村、佐那(さな)河内(ごうち)へ移住した植松里奈さん(31)は、硬筆七段の腕前を生かし「みどりな教室」を主宰、字の書き方を教えている。

 「姿勢を正してください。よろしくお願いします」。始まりのあいさつを交わすと、文机の前に正座した生徒たちは、真剣な面持ちで課題の字を書き始めた。週1回、地域の集会所で開かれる教室に通うのは、小学生から高齢者まで12人。「長い、短いのバランスがすごくきれいだよ」「今までで一番上手に書けてますね」。課題を添削する植松さんの笑顔に、緊張気味だった生徒の顔がふっとほころんだ。

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです