メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

学習支援ボランティアのNPO法人「ジュヴェニル」代表 山中和彦さん /愛知

山中和彦さん

共に過ごす時間を大切に 山中和彦さん(60)

 毎週土曜の午前、メンバーと共に児童養護施設「大和荘」(尾張旭市)に通い、子供たちの学習支援に取り組む。心がけているのは「教える」というよりも一緒に問題を解き、共に過ごす時間を大切にすることだ。

 県職員として児童自立支援施設で勤務していた頃、退所後の子供たちを地域で受け止める大人の必要性を痛感した。施設の同僚らに呼び掛け、2004年10月に「10代の少年の自立と社会参加を支援すること」を目的に法人を設立。活動の一歩として児童養護施設での学習支援を始めた。

 現在は1回につき中学生約15人と、ほぼ同数のボランティアが参加し、1対1で勉強をする。登録ボランティアは20~60代の約30人で、職業は公務員、会社員、元教員などさまざまだ。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. コロナワクチン一般接種5月ごろ開始 政府調整 16歳以上、無料の方針

  5. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです