特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

STRONG

’18センバツ東邦 部員紹介/8 外野手(2年) チームの勝利を願い /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
左から洞田、北川、朝倉、梶田、山本の各外野手=東郷町諸輪のグラウンドで 拡大
左から洞田、北川、朝倉、梶田、山本の各外野手=東郷町諸輪のグラウンドで

 <第90回記念選抜高校野球>

梶田健斗

 左翼手。走者を生還させる打撃を心掛け、「みんなが出塁してくれるから、自分は最低でもチャンスをつなぐ」とチームの勝利を願う。自分の名前と似ているラーメン店チェーン「歌志軒(かじけん)」に愛着を持つ。

洞田大翔(ひろと)

 「チームでナンバーワンの打撃センス」と高い評価を受ける右翼手。明るい性格で副主将としてもチームを盛り上げる。「クラスでは、みんなでふざけるけど、練習になると真面目な顔つきになるところが好き」とチームメートへの愛は深い。

山本泰正

 チーム最速の50メートル5・7秒の足を持つ中堅手。森田泰弘監督は「山本の送球は外野手の中でも特に良くなってきた」と強肩も評価する。洞田選手から「スポーツ用品のマネキンに似ている」と、からかわれている。

北川慶太郎

 昨秋の地区予選では2打席連続本塁打を放ち、東海大会準々決勝では3打点を挙げた。安定感のある選手になるのが目標で、「毎試合、打撃と送球、盗塁を確実に決めたい」。時間が空いた時にはチームメートを買い物に誘う。

朝倉拓海(たくみ)

 「どんな時もボールを諦めない」が信条で、練習試合の守備では相手の本塁打を追いかけてフェンスに激突したことも。打撃では、変化球への対応を特訓中だ。特技はカラオケで、採点機能で90点台を連発する。【横田伸治】=敬称略、随時掲載

次に読みたい

あわせて読みたい