メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国で働く

/36 高橋金属 「尖った技術」で進化 /滋賀

製作中の電解イオン水洗浄装置。「琵琶湖のある環境県・滋賀だからこそ開発できた」と、高橋康之さんは話す=滋賀県長浜市細江町の高橋金属で、土居和弘撮影

 「高橋にしかできないから」。顧客から、そう頼りにされる会社でありたいと、高橋金属(長浜市)の高橋康之社長(43)は言う。そのために目指すのは、ものづくり企業としての進化だ。約20年前、洗剤を使わず、金属部品などさまざまな素材に付いた油汚れを取り除く洗浄装置を開発。納入先には大手メーカーも名を連ね、世界15カ国に出荷実績がある。加工でも固有の加工技術に磨きをかけ、次々に「尖(とんが)った技術」を生み出してきた。「今は、変身の最終段階」。高橋さんは自信を見せる。【土居和弘】

 ものづくり企業への進化にとって、大きな転機となったのが、1990年代後半に開発した「電解イオン水洗…

この記事は有料記事です。

残り1994文字(全文2282文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです