メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京は水もの

えにし訪ね、ぶらり探訪/55 高瀬川 脱ダム官僚、桶屋になる /京都

 さて質問です。樽(たる)と桶(おけ)の違いはなんでしょうか。同じ丸い容器だけれど、桶にふたを付けると樽になる?

 「ふたのあるなしではありません。樽はお酒やしょうゆなどの液体を貯蔵するもの、桶はものを入れる道具なんです。樽に求められるのは水を漏らさない水密性、桶は長く使っても狂わない丈夫さです。だから作り方も違うんですよ」

 同じ吉野杉でも、樽は年輪に接するように割った板目(いため)、桶は年輪に垂直の柾目(まさめ)を使う。桶職人の宮本博司さん(65)=京都市下京区=が説明してくれた。

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです