東日本大震災7年

被害忘れず防災へ 鳥取でフォーラム 被災者ら復興活動の現状語る /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
被災当時の様子について話す麻生川敦さん=鳥取市で、李英浩撮影
被災当時の様子について話す麻生川敦さん=鳥取市で、李英浩撮影

 東日本大震災から7年となった11日、鳥取市幸町の市人権交流プラザで、被災地の現状や復興の課題を伝えるフォーラムが開かれた。現地で活動を続けている被災者らの話に、約80人が耳を傾けた。

 震災の記憶を風化させず、防災のあり方を考えてもらおうと、県内で避難者の支援活動に取り組む「とっとり震災支援連絡協議会」が主催。宮城県南三陸町で津波に襲…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

ニュース特集