メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

被害忘れず防災へ 鳥取でフォーラム 被災者ら復興活動の現状語る /鳥取

被災当時の様子について話す麻生川敦さん=鳥取市で、李英浩撮影

 東日本大震災から7年となった11日、鳥取市幸町の市人権交流プラザで、被災地の現状や復興の課題を伝えるフォーラムが開かれた。現地で活動を続けている被災者らの話に、約80人が耳を傾けた。

 震災の記憶を風化させず、防災のあり方を考えてもらおうと、県内で避難者の支援活動に取り組む「とっとり震災支援連絡協議会」が主催。宮城県南三陸町で津波に襲…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 横浜F・マリノスが15年ぶりJ1制覇 FC東京降す

  5. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです