メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

復興支援や追悼行事 大分市中心部 発生時刻に黙とうも /大分

福島県産品が販売されたJR大分駅前での食の安全PRイベント

福島の農産物は「安全」 生協があんぽ柿や米など販売

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から11日で7年がたち、県内でも福島県の現状を紹介する催しや、脱原発の集会があった。集会参加者は震災発生時刻の午後2時46分に黙とう。被災者を追悼し、復興を願った。【田畠広景】

 生活協同組合コープおおいたと県はJR大分駅前の北口広場で福島県の農産物をPRするイベントを開催。コープふくしまが同県産品のあんぽ柿や米、大豆のドレッシングなどを販売した。根拠がないのに、買い控えられる状況はなくなっていないことに対し、福島の農産物の安全性を科学的に説明して購入を呼びかけた。

 同県では米の全量全袋検査を実施。放射性物質が食品衛生法の定める基準値以下の玄米のみを出荷している。…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです