メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

今も忘れぬ面影

小さい頃から仲が良かったいとこを亡くした後藤初枝さん=宮城県気仙沼市で11日午後0時2分、藤井達也撮影

 東日本大震災は11日、発生から7年を迎えた。犠牲者を追悼する行事が各地であり、地震が起きた午後2時46分に合わせて鎮魂の祈りをささげた。死者は1万5895人、行方不明者は2539人。震災関連死も3600人を超え、いまだに約7万3000人が避難生活を送っている。【小鍜冶孝志、百武信幸、曽根田和久】

気仙沼

 正午すぎ、宮城県気仙沼市の杉ノ下高台で、後藤初枝さん(59)は慰霊碑の裏面に刻まれた氏名を見つめていた。いとこの佐藤秀一さんと、その妻きみ子さんを亡くした。秀一さんを「お兄ちゃん」と慕い、夏休みには宿題を教えてもらった。「いまだに夢のようで実感がわかない」と心境を語る。「世の中は『前を向いて』とか『新たな一歩』という話になるが、私はまだ受け入れられない」と涙をぬぐった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです