米国

輸入制限 トランプ氏、日欧に不満 非除外を示唆

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トランプ米大統領は10日、ツイッター上で安倍晋三首相と電話協議したことを明らかにし、「日本の市場開放を議論した。米国の巨額の貿易赤字は公正でなく、持続可能でもない」と投稿した。欧州連合(EU)についても「多額の赤字がある」と書き込んだ。日欧への不満を表明しており、現時点では鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限から除外する考えがないことを示唆したとみられる。

 トランプ氏は23日から輸入制限を導入する方針。カナダとメキシコを当面除外するが、日本などその他の国は通商・防衛面での貢献次第で除外を判断するとしており、既にオーストラリアの除外を表明した。

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1206文字)

あわせて読みたい

注目の特集