メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 文書書き換え 野党「内閣全体の責任」 麻生氏追及へ

政府主催追悼式に参加する麻生氏=東京都内の国立劇場で11日午後(代表撮影)

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、財務省が決裁文書の書き換えを認める方針を固めたことを受け、野党は「重大な局面」(枝野幸男立憲民主党代表)として麻生太郎副総理兼財務相の政治責任にまず照準を定める。安倍晋三首相の責任も問い、政権退陣も視野に攻勢を掛ける。与党は「麻生氏は全く知らなかった」(自民党幹部)と防戦するものの、苦しい立場に追い込まれている。

 「役人の首を切って済む話ではない」。希望の党の玉木雄一郎代表は11日のフジテレビ番組で、佐川宣寿前国税庁長官の辞任による幕引きはさせないとけん制した。「(書き換えの)事実が出てくれば、財務相の責任はまず免れない」と麻生氏の進退問題に発展すると指摘。「内閣全体の体質と責任が問われる問題だ」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです