メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

九州大教授 吉岡斉さん=1月14日死去・64歳

吉岡斉さん=後藤由耶撮影

原発推進、内側から批判 吉岡斉(よしおか・ひとし)さん=肝神経内分泌腫瘍のため、1月14日死去・64歳

 「福島の負の遺産を負う将来世代に申し訳ない。そういう非常に恥ずかしいことを私たちはやってきた」。東京電力福島第1原発事故後のシンポジウム。脱原発を訴えてきた吉岡さんの言葉が、今でも耳に残っている。

 吉岡さんは国の原子力政策を決める審議会のメンバーを43歳から務めた。原発を強力に推進する国を危ぶみ、「内側」から批判し続けた無二の存在だった。事故を未然に防げなかった悔恨の情が冒頭の発言につながったのだろう。

 東京大理学部で物理を学び、「科学批判」で知られる科学史家の広重徹氏との出会いから科学史に転じた。1…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです