メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

イエローハット・堀江康生社長

積極出店でシェア拡大

 人口減少や若者の車離れでカー用品市場は縮小傾向が続いている。カー用品大手、イエローハットは10年前は苦しい経営状態だったが、多角化経営から基幹事業への集中に方向転換した結果、持ち直した。堀江康生社長に、厳しい市場環境下での成長戦略について聞いた。【聞き手・今村茜、写真・西本勝】

 --リーマン・ショック直後の2008年10月に社長に就任し、09年3月期の連結決算は最終(当期)赤字でしたね。

 ◆就任当時は異常な状態だった。金融機関から借入金の返済を求められ、350億円の純資産があるのに倒産…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1170文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです