絹谷幸二賞の軌跡

若手作家の夢と力信じ 受賞者ら座談会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
絹谷幸二さん
絹谷幸二さん

 若手画家を支援し、具象絵画の可能性を開くことを目指した絹谷幸二賞(毎日新聞社主催、三井物産協賛)は第10回の今回をもって終了する。10回を記念し、過去の受賞者を改めて紹介すると同時に、賞の果たした役割について振り返る。また受賞者にとってどのような意味を持つかについて、賞の創設を呼びかけた画家の絹谷幸二さんと、第3回受賞者の桑久保徹さん、第5回受賞者の橋爪彩さんに当時の思いや、近年の活動について語ってもらった。【司会・学芸部編集委員 永田晶子、まとめ・高橋咲子、写真・宮本明登】

この記事は有料記事です。

残り3303文字(全文3544文字)

あわせて読みたい

ニュース特集