メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

プログラミングどう教える 市民ボランティア発掘 千葉・柏

ボランティアを養成する柏市教委の研修でパソコン操作をする参加者=千葉県柏市役所沼南庁舎で2017年11月橋本利昭撮影

 <kyoiku no mado>

 2020年度から小学校で必修になるコンピューターのプログラミング教育。各地で先行的に始まっているが、多くの教員にとって未経験の分野だけに、どのように教えるかは大きな課題だ。教員を支援する市民ボランティアを育成するなど、独自の取り組みを紹介する。

 ●支援員、市内で5人

 長机が並んだ会議室。さまざまな年齢の男女がノートパソコンと向き合っている。講師から課題を出されると…

この記事は有料記事です。

残り2079文字(全文2280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです