メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

プログラミングどう教える 市民ボランティア発掘 千葉・柏

ボランティアを養成する柏市教委の研修でパソコン操作をする参加者=千葉県柏市役所沼南庁舎で2017年11月橋本利昭撮影

 <kyoiku no mado>

 2020年度から小学校で必修になるコンピューターのプログラミング教育。各地で先行的に始まっているが、多くの教員にとって未経験の分野だけに、どのように教えるかは大きな課題だ。教員を支援する市民ボランティアを育成するなど、独自の取り組みを紹介する。

 ●支援員、市内で5人

 長机が並んだ会議室。さまざまな年齢の男女がノートパソコンと向き合っている。講師から課題を出されると、真剣な表情でマウスを動かし、画面に映し出されたキャラクターに動きを命令する「ブロック」を並べ替えていった。

この記事は有料記事です。

残り2025文字(全文2280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです