メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界選手権 高木美、新女王 アジア勢初、総合優勝

 【アムステルダム共同】平昌冬季五輪で金、銀、銅のメダルを獲得したスピードスケート女子の高木美帆(23)=日体大助手=が10日、アムステルダムで開かれた世界選手権で男女を通じ日本勢初となる総合優勝を果たした。

 短距離から長距離まで4種目の総合成績を争う世界選手権は、女子は1936年に第1回大会が行われた。伝統ある大会で地元オランダの強豪らを抑えて快挙を達成した。男子を含め、欧米勢以外の総合優勝は初。日本はこれまで女子の橋本聖子、男子の白幡圭史の2位が最高だった。

 500メートル、3000メートルを滑った9日に首位発進し、10日の1500メートル、5000メート…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1204文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  2. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  3. 全国女性消防操法大会 和木隊が準優勝 町長に報告 /山口

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです