メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島産で風評払拭へ 元東電社員のそば店

福島産そば粉を使ったそばを運ぶ鮎川政文さん=甲府市の円寿で、滝川大貴撮影

 甲府市中心部に福島産にこだわる、1軒のそば店がある。元東京電力社員の鮎川政文さん(68)が店主を務める「円寿」だ。「この店は福島のサテライト(衛星)。福島産のイメージを変えたい」。東電福島第1原発事故後、福島の農産物に向けられた風評被害を払拭(ふっしょく)しようと、そばを打ち続けてきた。【滝川大貴】

 店は2015年7月にオープン。開店以来、一貫して福島のブランドそば粉「会津のかおり」を使っている。石臼と機械でひかれた、そば粉を1対1の比率でブレンド。石臼を使うことで、粒が大きなそば粉が混じり、香り高くなるという。

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  2. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  3. 愛知・豊橋、岐阜・八百津、三重・桑名…各地で突風、竜巻か 「屋根飛ばされた」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 3歳衰弱死 逮捕の母、おむつ替えて119番か 8日間放置を隠蔽の可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです