メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝霞少女誘拐

懲役9年判決 さいたま地裁「卑劣で悪質」

 埼玉県朝霞市で2014年に行方不明になった当時中学1年の少女が約2年後に保護された事件で、未成年者誘拐と監禁致傷などの罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(25)=千葉大を休学扱い=に対し、さいたま地裁(松原里美裁判長)は12日、「犯行様態は卑劣で悪質」などとして完全責任能力を認め、懲役9年(求刑・懲役15年)を言い渡した。

 判決によると、寺内被告は14年3月10日、少女に声をかけて車に乗せ、千葉市稲毛区の当時の自宅に誘拐。16年3月まで同区と東京都中野区の自宅に少女を監禁し、重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせるなどした。

 判決理由で松原裁判長は、少女に「さがさないで」とメモを書かせ、被告が少女宅の郵便受けに入れて発覚を遅らせる工作をしていたことなどから「違法性を認識していた」として完全責任能力を認定。弁護側の「統合失調症を発病しており責任能力は限定的」との主張を退けた。さらに、「被害者は心身ともに成長する貴重な期間が失われ、想像を絶する大きな打撃を受けた」と非難した。

 一方で、被告が脱出を防ぐため窓に付けていた補助鍵を外したり、少女を自宅に置いたまま1人で旅行に行ったりしていることから「物理的拘束はかなり緩やか。暴力や暴言などもなく、求刑は重すぎる」と述べた。

 公判では、弁護側の請求により裁判所が被告の精神鑑定を実施。相手の感情を感じ取ったり自分の行動の不適切さを理解したりすることが苦手な発達障害「自閉スペクトラム症」の傾向にあったとの鑑定結果が出たことから、責任能力の程度が主な争点となった。検察側は「インターネットで中学校を物色して少女を追尾するなど計画的かつ巧妙な犯行だ」として完全責任能力が認められると主張した。

 寺内被告は昨年8月29日の判決公判で不規則発言を続けるなどし、判決言い渡しが延期されていた。【内田幸一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  5. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです