メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪大空襲

旧大阪市電の車両 広島走る…戦火の生き証人

早朝、通勤客を乗せて走る762号=広島市中区で2018年3月12日午前7時11分、山田尚弘撮影

 太平洋戦争中の1945年3~8月に計8次を数えた大阪大空襲で、米軍の焼夷(しょうい)弾攻撃を受けた路面電車が戦後復旧し、現役として広島を走っている。広島電鉄へ譲渡された1両で、原爆投下時に走っていた被爆電車とともに活躍する。3987人が犠牲になった第1次大空襲から13日で73年。往時を知る関係者は、戦火の生き証人が平和都市を走る意義をかみしめている。【平川哲也】

 熟成した赤ワインを思わせるマルーン色。大阪市電の伝統色を残す路面電車が広島の街を走る写真に、大阪府…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです