メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラ

成田緑夢「銅」 スノーボードクロス

 【平昌・長田舞子】平昌冬季パラリンピックは第4日の12日、今大会から独立した競技として新たに加わったスノーボードのスノーボードクロス男子下肢障害で、成田緑夢(ぐりむ)=近畿医療専門学校=が銅メダルを獲得した。日本勢がスノーボードでメダルを取るのは初めて。

 成田は予選を1位のタイム(58秒21)で通過した。予選上位の16選手が1対1で争う決勝トーナメントでも、1回戦、準々決勝と勝ち上がったが、準決勝で転倒して敗れた。3位決定戦では前回ソチ大会金メダリストのエバン・ストロング(米国)を破った。

 男子大腿(だいたい)障害は小栗大地(三進化学工業)が準々決勝で、山本篤(新日本住設)が決勝トーナメント1回戦でそれぞれ敗退した。

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです