メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの人に会った

プロレスラー 飯伏幸太さん

 ◆いにったひと

    ひだり渡辺慶彦わたなべよしひこさん(千葉県船橋市立飯山満ちばけんふなばししりつはさまちゅうねん

    みぎ渡辺わたなべ飛鳥あすかさん(同市立飯山満どうしりつはさま南小みなみしょうねん

    無駄むだなことなんてない

     毎小特派員まいしょうとくはいん渡辺わたなべ飛鳥あすかさんは、プロレスファンのおとうさんの影響えいきょうでプロレスがきになったそうです。「ふだんは物静ものしずかな雰囲気ふんいきなのに、試合しあいでは超人的ちょうじんてきわざすのがすごい」という飯伏幸太いぶしこうた選手せんしゅを、おにいさんの慶彦よしひこさんと取材しゅざいしました。

     慶彦よしひこさん プロレスがきになったきっかけは?

     飯伏いぶしさん 小学しょうがく年生ねんせいとき、たまたまあにりてきたプロレスのビデオをて「こんな世界せかいがあるんだ」と夢中むちゅうになりました。それからはすべてプロレス中心ちゅうしん生活せいかつになりました。バックてん小学生しょうがくせいときにできるようになったし、いまやっているわざなかには、小学生しょうがくせいのときにかんがえたものもあります。

     つらいことがあると、すべてプロレスにつなげてえました。けがをしたり、勉強べんきょうでつまずいたりしても、「尊敬そんけいするプロレスラーのザ・グレート・サスケさんならどうするだろう?」とかんがえて頑張がんばったりしました。

     慶彦よしひこさん きな給食きゅうしょくなんでしたか。

     飯伏いぶしさん カレーライスが大好だいすきでした。いまはコーラとチーズがきです。

     飛鳥あすかさん ふとりそうですね。

     飯伏いぶしさん ぼくは、ふとりそうなものをべると「運動うんどうしないと」とからだうごかしたくなるほうです。からだにいいもの、ふとりにくいものをべていると、「運動うんどうしなくていいかな」となまけてしまう。だから、時々ときどきコーラやチーズみたいにふとりそうなものをべるほうがいいみたいです。みんなとはぎゃくですね。

     飛鳥あすかさん 人見知ひとみしりだったそうですね。

     飯伏いぶしさん 劣等感れっとうかんっていると、不安ふあんかんじて人前ひとまえはなせなくなるのだとおもいます。でも、ぼくはプロレスで実績じっせきげ、「自分じぶんにはプロレスがある」とおもえるようになり、克服こくふくしました。

     慶彦よしひこさん 試合しあいでは緊張きんちょうしますか。

     飯伏いぶしさん 観客かんきゃくが100にん試合しあいでも、東京とうきょうドームのようにおおきな会場かいじょうでも、おなじように緊張きんちょうします。緊張感きんちょうかんがないとケガをしてしまいます。

     飛鳥あすかさん トレーニングをする気分きぶんにならないときは?

     飯伏いぶしさん 練習場れんしゅうじょうても、からだうごかす気分きぶんにならないことはあります。そういうときは、リングのなか寝転ねころがってなにもしないこともあります。でも、そういうときに、あたらしいわざがひらめくこともある。なんでも、無駄むだになることはありません。けがをしたとしても、けがをしないとわからないことを発見はっけんできたりする。かならなに意味いみがあるんです。人生じんせいには無駄むだになることなんてないとおもいます。【まとめ・大井明子おおいあきこ

    ってみて…

     慶彦よしひこさん やさしくはなしいてくれて、想像そうぞうしていたよりずっとフレンドリーなかたでした。

     飛鳥あすかさん かっこよかったです! うで筋肉きんにくさわらせてもらったら、すごくかたくてびっくりしました。


     1982年生ねんうまれ、鹿児島県出身かごしまけんしゅっしん。2004ねんデビュー。DDT(ドラマチック・ドリーム・チーム)プロレスと新日本しんにほんプロレスに所属後しょぞくご、16ねん両方退団りょうほうたいだん現在げんざいはフリーのプロレスラー。テレビや映画えいがなどでも活躍かつやく

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
    2. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
    3. ORICON NEWS 西島秀俊主演『空母いぶき』 映画オリジナルキャラに本田翼、中井貴一ら10人
    4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
    5. F35戦闘機とは

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです