メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

元情報員殺人未遂 メイ首相「ロシアの関与濃厚」 制裁など検討

 【ロンドン矢野純一】英国南部でロシア情報機関の元幹部が狙われた殺人未遂事件でメイ英首相は12日、英議会でロシアが開発した猛毒の神経剤が事件に使用されたとして「ロシアが関与した可能性が極めて高い」と述べた。ロシア政府に説明を求めると共に「最大限の対応を取る」と述べ、制裁などを検討していることを明らかにした。事件を巡り英露関係が悪化する可能性もある。

 メイ氏は事件について「英国に対する無謀な攻撃だ」と非難。神経剤について旧ソ連が冷戦中に開発し、現在…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです