メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

今週の筆者は千葉工業大惑星探査研究センター所長・松井孝典さん 一つではない「世界の語り方」

松井孝典さん=東京都千代田区で、丸山博撮影

 *2月13日~3月12日

 ■この宇宙の片隅に(ショーン・キャロル著、松浦俊輔訳・2017年)青土社・3456円

 ダーウィン、アインシュタインから宇宙の起源までを論じ、この宇宙で生きる意味を解明する。

 副題は「宇宙の始まりから生命の意味を考える50章」とある。しかし、本書で論じられるのは、生命を超えて、意識、さらには人間世界の意味や価値まで、実に幅広い。そこで興味が湧くのは、著者の専門分野だが、訳者の解説によれば、理論物理学者で、宇宙論を専門とするという。

 そもそも興味を持ったのは、本書の構成だ。50章仕立てで、それが6部に分けられている。各部のタイトル…

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 「ダンス オブ ヴァンパイア」公演チケット 不正に大量購入の被害

  3. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです