メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1989年、つまり平成元年4月、消費税が導入された。この時、僕は深刻な「経済格差」を予感していた。

 消費税が導入された89年度と2016年度の税収構造を比べてみよう。税収は共に55兆円程度。だが、税収構成がガラリと変わり、消費税が約14兆円も増え、その一方で、法人税が約8兆円も減り、所得税も約4兆円減った。法人税率が引き下げられ、富裕層の金融資産所得に対する「低い税率」はそのまま。庶民から満遍なく消費税が徴収され、その結果、経済格差は大きくなった。

 平成は「非正規労働の時代」でもある。正社員が大幅に減った。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文891文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]