メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外名人戦 佐藤、羽生を破って防衛 3連覇を達成
キャンパる・なにコレ!?

「その行動」の意味教えます 淑徳大生が冊子製作「日本人あるある」

冊子「日本人あるある」の反響や製作秘話を話してくれた、淑徳大野村ゼミの学生=同大・東京キャンパスで

 平昌(ピョンチャン)パラリンピックが開催中。そして次なる舞台は「東京」だ。ますます増加する訪日外国人に対応するため作られた冊子が、多くの反響を呼んでいる。その名も「Japanese aruaru(日本人あるある)」。外国人が疑問に感じる日本人の行動を六つのテーマに分け、日英対訳で解説している。

 製作したのは、淑徳大学東京キャンパス(東京都板橋区)の人文学部表現学科、野村浩子教授のゼミに所属する3年生9人だ。

 冊子は「持ち歩いて読んでほしい」と観光のお供に最適なA5判12ページ。「電車編」「性格編」では会話…

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1239文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  3. ロシアW杯 日本戦視聴率48.7%、瞬間最高55.4%
  4. サッカー日本代表 やっぱりすごい「大迫、半端ないって」
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]