メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

「その行動」の意味教えます 淑徳大生が冊子製作「日本人あるある」

冊子「日本人あるある」の反響や製作秘話を話してくれた、淑徳大野村ゼミの学生=同大・東京キャンパスで

 平昌(ピョンチャン)パラリンピックが開催中。そして次なる舞台は「東京」だ。ますます増加する訪日外国人に対応するため作られた冊子が、多くの反響を呼んでいる。その名も「Japanese aruaru(日本人あるある)」。外国人が疑問に感じる日本人の行動を六つのテーマに分け、日英対訳で解説している。

 製作したのは、淑徳大学東京キャンパス(東京都板橋区)の人文学部表現学科、野村浩子教授のゼミに所属する3年生9人だ。

 冊子は「持ち歩いて読んでほしい」と観光のお供に最適なA5判12ページ。「電車編」「性格編」では会話…

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1239文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです