メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

早大「WASEND」 世界中の子供たちを災害から守りたい 海を越えた防災教育

国内だけでなく海外でも防災を呼びかけようと、日本語版と英語版の防災絵本を製作した「WASEND」の学生たち=東京都内で

 スマトラ沖大地震や東日本大震災などの大震災の経験を参考に、子どもたちに防災教育活動を行っているのが、早大防災教育支援会「WASEND(ワセンド)」。国内だけでなくインドネシア等国外の小学校でも開かれている防災講座や、絵本製作の取り組みについて取材した。【早稲田大・廣川萌恵】

緊急時を「体感」

 設立のきっかけは、14年前にインドネシアを中心に大きな被害を出したスマトラ沖大地震。津波などで20万人以上が犠牲になった。当時、早稲田大学社会環境工学科の教授だった浜田政則さん(74)が、被災地を視察した際、防災教育の必要性を実感し、活動を開始。8年前に、浜田さんの講義に興味を持った学生たちがその意思を受け継ぎ、「WASEND」として組織化し、独立した。

 活動しているのは、土木や防災を学ぶ、創造理工学部社会環境工学科の学生約30人。それに加えて、インド…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1538文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  2. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 土砂崩れ、川の大部分せき止められ水田に水あふれ出る 山形・鶴岡 新潟震度6強
  5. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです