メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者介護

65歳以上で打ち切り あす初の司法判断 岡山地裁

判決を前に思いを語る浅田達雄さん=岡山市中区で、高橋祐貴撮影

 65歳に達したことを理由に障害者自立支援法(現障害者総合支援法)の介護サービスが打ち切られ、介護保険に移行して自己負担が生じたのは不当な差別で違憲だとして、脳性まひの浅田達雄さん(70)が岡山市による打ち切り処分の取り消しなどを求めた訴訟の判決が14日、岡山地裁である。弁護団によると、介護保険の優先原則を定めた支援法の規定や、自治体の運用の違憲性を巡る初の司法判断となる。【高橋祐貴】

 「重度障害者が人間らしく生きたいと願うのは、許されないことでしょうか」。岡山市内の自宅で、電動車椅…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1215文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  2. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  3. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  4. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  5. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]