特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

「期待を力に」 星稜、センバツ旗授与式で決意新た /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全校生徒からエールを送られ、決意を新たにする星稜ナイン=金沢市で、日向梓撮影
全校生徒からエールを送られ、決意を新たにする星稜ナイン=金沢市で、日向梓撮影

 <センバツ2018>

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)に13年ぶり12回目の出場を果たした星稜に12日、センバツ旗が贈られた。金沢市小坂町南の同校体育館であった授与式で、ナインは全校生徒約1200人を前に、開幕に向け決意を新たにした。

 式では鍋谷正二校長が「甲子園で活躍するという夢を実現するチャンス。悔いのないプレーを」と激励。県高野連の宮越雅一会長も「高校野球の歴史にどんな1ページを描いてくれるのか楽しみ。すばらしい歴史を作ってください」とエールを送った。毎日新聞北陸総局の阿部浩之・総局長は鍋谷校長にセンバツ旗を手渡し、星稜ナインに「開幕までの間、自分にとっての甲子園とは何かを見つめ直し、力に変えて全国制覇まで上りつめてほしい」と語りかけた。

センバツ旗を手にした竹谷理央主将を先頭に行進する星稜ナイン=金沢市で、日向梓撮影 拡大
センバツ旗を手にした竹谷理央主将を先頭に行進する星稜ナイン=金沢市で、日向梓撮影

 式後、林和成監督は「甲子園ではまず1勝。センバツ最高成績のベスト8を塗り替えたい」。竹谷理央主将(2年)は「応援してくださる方々の期待を力に変えて全力プレーをしたい」と力強く語った。【日向梓】

次に読みたい

あわせて読みたい