特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

STRONG

’18センバツ東邦 部員紹介/9 外野手(2年) ベンチ入り目指し練習 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
前列左から深沢、成本、後列左から松田、根木、杉崎、溝口の各外野手 拡大
前列左から深沢、成本、後列左から松田、根木、杉崎、溝口の各外野手

 <第90回記念選抜高校野球>

深沢俊平

 50メートル5・9秒の俊足で、「代走のスペシャリストになりたい」とベンチ入りを目指して練習に励む。人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」でチームメートと対戦するが、勝率は低迷中だ。

杉崎蒼太

 東邦野球部OBの父の影響で同部へ。「どんなつらい場面でも声を出す」ことを心がけ、元気にあふれたプレーが身上だ。夜はできるだけ入浴、食事を早く終わらせ、布団に入る瞬間に幸せを感じる。

松田佳大

 強肩が持ち味で、送球も正確だ。体の柔軟性を高めることが課題で、毎日入浴後は10分のストレッチを欠かさない。目標は公式戦に出場し、マーチングバンド部が演奏する自分の応援歌を浴びること。

溝口隼

 入部時は投手で、1年冬から外野手へ転向。投手として結果を残したいという希望はあるが、「野球の全てが好きなのでやる気に満ちています」と熱意は冷めない。自宅で飼うラブラドールの「チョコ」と遊ぶことが息抜き。

成本瞳輝(ひとき)

 豪快なスイングが持ち味。Aチーム(1軍)在籍時は代打で、「守備ができないと試合に出られない」と感じ特訓中。送球時に横から投げてしまう癖を修正している。毎週月曜の走り込みが苦しく、日曜夜は「雨が降ればいいな」と祈っている。

根木辰徳

 元々は内野手で、現在も遊撃手を務めることが多い。外野手の送球の難しさを体感し、「『外野は楽なのかな』と思っていたことが間違いだと分かった」。「東邦は、精神論ではなく技術を教えてくれる場所」とチームに感謝している。【横田伸治】=敬称略、随時掲載

次に読みたい

あわせて読みたい