メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彦根城オニバスプロジェクト

お堀に自生、保存10年 民間団体が活動報告書 /滋賀

オニバス保存の報告書を手にする中川信子さん=滋賀県多賀町中川原で、西村浩一撮影

 絶滅が心配される水生植物、オニバスの保存運動を続ける民間団体「彦根城オニバスプロジェクト」が、これまでの10年の活動を報告書にまとめた。

 オニバスは、1メートルを超える円形の葉を水面に浮かべるスイレン科の1年草で、環境省の絶滅のおそれのある野生生物のリスト「レッドデータブック」で絶滅危惧2類に指定されている。

 2004年、団体が所属する「彦根自然観察の会」が彦根城の植生調査で、オニバスが中堀などに自生してい…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文570文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]