メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彦根城オニバスプロジェクト

お堀に自生、保存10年 民間団体が活動報告書 /滋賀

オニバス保存の報告書を手にする中川信子さん=滋賀県多賀町中川原で、西村浩一撮影

 絶滅が心配される水生植物、オニバスの保存運動を続ける民間団体「彦根城オニバスプロジェクト」が、これまでの10年の活動を報告書にまとめた。

 オニバスは、1メートルを超える円形の葉を水面に浮かべるスイレン科の1年草で、環境省の絶滅のおそれのある野生生物のリスト「レッドデータブック」で絶滅危惧2類に指定されている。

 2004年、団体が所属する「彦根自然観察の会」が彦根城の植生調査で、オニバスが中堀などに自生してい…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文570文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  3. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  5. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです