メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都の仏像

/296止 木造十一面観世音菩薩立像 内陣で毎月18日公開 /京都

 (東山区・今熊野観音寺)

 西国第十五番霊場、今熊野観音寺(京都市東山区)本堂で弘法大師空海(774~835年)の作と伝わる秘仏の御本尊、木造十一面観世音菩薩(ぼさつ)立像が今年、年間を通じ毎月18日に特別公開されている。普段立ち入ることのできない内陣での公開は8年ぶりで、像は高さ約68・2センチ。

 御本尊は秘仏のため撮影できず、同じサイズと言われる「御前立(おまえだち)像」の木造十一面観世音菩薩立像の撮影が許可された。御前立像は鎌倉時代ごろの作と言われ、江戸時代以来約400年ぶりの修復を終えたばかり。均整のとれた美しい観音様で、装飾のまばゆい金色が光に輝く。奥の内陣中央に安置されている御本尊は御前立像よりも少しふっくらとしているように映り、端正で穏やかな表情を見つめていると心が安らい…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文868文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです