メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

公立高 2万5972人春挑む /兵庫

 県内の公立高校で12日、2018年度一般入試の学力検査が実施された。全日制は137校の定員計2万3557人に2万5972人が受験し、平均倍率は1・10倍(前年度比0・01ポイント減)。定時制は19校の定員計1560人に897人が受験して、0・58倍(同0・03ポイント減)だった。全日制で最も倍率が高かったのは、学科別で普通科=西宮(単)1・81倍▽専門学科=農業(動物科学)2・00倍▽総合学科=須磨翔風1・90倍。13日は総合学科の実技試験があり、合格者はいずれも19日に発表される。【目野創】

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1269文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  4. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  5. 暴行 3歳長女に 容疑の母ら逮捕 県警、稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]