メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

公立高入試、6670人挑む 県立全日制、実質0.94倍 /和歌山

 2018年度の公立高校の一般選抜・スポーツ推薦の入試が12日、県内各校であり、前年度比412人減の計6670人が受験した。県立全日制は29校4分校63学科に6175人(実質倍率0・94倍)が、県立定時制は9校11学科に166人(同0・29倍)が、それぞれ挑んだ。県立の全日制、定時制の実質倍率はともに、現行の入試制度となった09年度以降、最低になった。13日は一部の学校で面接や実技検査などがある。合格発表は20日午前10時に各校で合格者の受験番号を掲示する。【山成孝治】

 県教委による各教科の出題方針は次の通り。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです