メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

公立高入試、6670人挑む 県立全日制、実質0.94倍 /和歌山

 2018年度の公立高校の一般選抜・スポーツ推薦の入試が12日、県内各校であり、前年度比412人減の計6670人が受験した。県立全日制は29校4分校63学科に6175人(実質倍率0・94倍)が、県立定時制は9校11学科に166人(同0・29倍)が、それぞれ挑んだ。県立の全日制、定時制の実質倍率はともに、現行の入試制度となった09年度以降、最低になった。13日は一部の学校で面接や実技検査などがある。合格発表は20日午前10時に各校で合格者の受験番号を掲示する。【山成孝治】

 県教委による各教科の出題方針は次の通り。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです