メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元・気・人

展示会10回、再購入者も 切り絵作家1年を迎える 辻さん /岡山

切り絵作家の辻さん=岡山市北区丸の内2で、竹田迅岐撮影

辻(つじ)さん(23)

 昨春に岡山大を卒業し、切り絵作家としてデビューしてから1年がたつ。鳥などの動物と植物を組み合わせた切り絵を「動植切絵(どうしょくさいえ)」と称し、展示会を開きながら少しずつ力を付けてきた。「心を込めた作品を見てもらい、気に入ってくれる人が少しでも増えたらうれしい」と話す。

 中学3年の時、童話作家アンデルセンの文庫本の中で、自作の風景画の切り絵が紹介されているのが目に留まった。「ハサミと紙があればできる。一度やってみよう」。細かな作業が好きだったこともあり、いつしか没頭していった。

 大学では油絵や彫刻、木工など芸術の基礎を学んだ。3年生への進級を前に「切り絵はまだ趣味のレベル。本…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文852文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです