メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元・気・人

展示会10回、再購入者も 切り絵作家1年を迎える 辻さん /岡山

切り絵作家の辻さん=岡山市北区丸の内2で、竹田迅岐撮影

辻(つじ)さん(23)

 昨春に岡山大を卒業し、切り絵作家としてデビューしてから1年がたつ。鳥などの動物と植物を組み合わせた切り絵を「動植切絵(どうしょくさいえ)」と称し、展示会を開きながら少しずつ力を付けてきた。「心を込めた作品を見てもらい、気に入ってくれる人が少しでも増えたらうれしい」と話す。

 中学3年の時、童話作家アンデルセンの文庫本の中で、自作の風景画の切り絵が紹介されているのが目に留まった。「ハサミと紙があればできる。一度やってみよう」。細かな作業が好きだったこともあり、いつしか没頭していった。

 大学では油絵や彫刻、木工など芸術の基礎を学んだ。3年生への進級を前に「切り絵はまだ趣味のレベル。本…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです