メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳島銀

関西の地盤拡大 来秋、大正銀と合併目指す /徳島

トモニHD会長を務める柿内愼一徳島銀行会長(左)と大正銀行の石井隆明専務=徳島市富田浜の徳島銀行で、松山文音撮影

 トモニホールディングス(HD)は12日、徳島市内でも記者会見を開き、傘下の徳島銀行(徳島市)と大正銀行(大阪市)が2019年秋までに合併を目指すと発表した。今月3日に創業100年を迎えた徳島銀行だが、地盤とする県内は人口減少が進むほか、日銀のマイナス金利政策などで取り巻く環境は厳しさを増すばかり。徳島銀行は経済規模が大きい大阪を商圏に持つ大正銀行と合併し、成長を目指す考えだ。

 この日、徳島銀行本店で開かれた会見には、トモニHD会長の柿内愼市徳島銀行会長、中村武トモニHD専務…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  4. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです