メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

液体ミルクに国内規格 夏にも製造可能

 厚生労働省は12日、国内で流通していない「乳児用液体ミルク」について製造の規格基準をまとめた。必要な栄養を加えて殺菌し、常温保存できるよう缶やレトルトパックに詰めるといった内容。内閣府の食品安全委員会の評価手続きを経て早ければ夏ごろ省令を改正し規格基準を盛り込み、国内製造が可能になる見通し。試験期間が必要で、販売は2年先となりそうだ。

 液体ミルクは粉ミルクのように熱湯で溶かすなどの手間がかからず長期保存ができ、海外では広く普及。育児…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文576文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]