メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 14文書改ざん 答弁と整合性図る 麻生氏「佐川に責任」 財務省報告

 財務省は12日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書で、削除や書き換えがあったと国会に報告した。関連文書14件で約300カ所が改ざんされていた。もとの文書には、安倍晋三首相の妻昭恵氏に関する記述があったが、全て削除されていた。また、複数の政治家に関する記述も削除されていた。麻生太郎副総理兼財務相は「ゆゆしき問題で誠に遺憾。深くおわび申し上げる」と陳謝したが、自身の責任は否定し、辞任しない意向を示した。【工藤昭久】

 財務省の調査によると、改ざんは財務省理財局の主導で行われ、決裁文書を国会に提出した当時の理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官の国会答弁に合わせるために行われた。

この記事は有料記事です。

残り1520文字(全文1816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです