メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

にじむ官の配慮 「昭恵氏の発言」削る

公表された財務省の決裁文書。書き換え前の「安倍昭恵総理夫人」について言及した部分は書き換え後、削除された

 「森友学園」への国有地売却の決裁文書に関する「書き換え疑惑」報道から10日。財務省は12日、決裁文書の書き換えや削除を認めた計78ページに及ぶ調査結果を国会に提出した。もとの文書からは、安倍晋三首相の妻昭恵氏や複数の政治家の名前が削られていたことが判明。文書改ざんに加え、問題の原点である国有地取引を巡って官僚の「そんたく」があった可能性が強まった。

 「極めてゆゆしきこと」。12日午後、麻生太郎財務相は取材に応じ、厳しい表情で「書き換え」があったこ…

この記事は有料記事です。

残り2564文字(全文2790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです