メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

何を守る闇=玉木研二

 <ka-ron>

 「明治150年」は、この国の基本的な仕組みを生み、時代とともに変貌させてきた。海外からも「有能」「優秀」の折り紙を付けられてきた官僚機構も、その一つには違いない。

 だが「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書改ざん問題は、空前のスキャンダルになる気配を見せる。

 150年前、維新は人材集めの焦燥のうちに始まった。

 例えば、昨年ニュースになった、坂本龍馬が暗殺される直前に福井藩重臣に書いた手紙。藩士の三岡八郎(維…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです