メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

福島事故後の「原発マネー」 「脱・依存」にこそ使用を=遠山和宏(西部報道部)

玄海原発1号機の廃炉交付金を使って設置された街路灯。原発依存からの脱却は容易ではない=佐賀県玄海町で昨年12月、遠山和宏撮影

 東京電力福島第1原発事故を機に、交付金や補助金など巨額の「原発マネー」が立地自治体を財政面での依存体質に陥らせる問題がクローズアップされた。事故から7年がたち、少しでも変わったのか。今月中と見込まれる九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の再稼働を前に交付金行政の現状を調べ、西部本社版朝刊で2月28日から3回、「原発マネーはいま」を連載した。取材して分かったのは、事故後新たな交付金が生まれ、その中には使途に疑問符がつくものも少なくないことだ。

この記事は有料記事です。

残り1829文字(全文2053文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  4. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです