メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨流出

コインチェック、補償開始 対象26万人、466億円

 仮想通貨交換業者のコインチェックは12日、仮想通貨「NEM(ネム)」の流出に対する顧客への補償を同日中に開始すると発表した。対象は約26万人で、合計約466億円。流出発覚後に停止していた仮想通貨の引き出しや売却などの取引も一部で再開する。同社は補償を始めたか明らかにしていないが、一部利用者の口座には入金が始まったもようだ。

 補償は日本円で実施し、顧客が保有するコインチェックの口座に振り込む。資金を引き出すためには別途、申請が必要となる。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです