メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
G20

「仮想通貨規制」議論 犯罪利用相次ぎ 枠組み構築焦点

仮想通貨に関する各国の主な規制

 インターネット上で取引される「仮想通貨」に対し、各国政府が規制強化の姿勢を強めている。不正な海外送金や資金洗浄(マネーロンダリング)などに悪用される懸念があるほか、日本で大量の不正流出が起きるなどトラブルが相次いでいるためだ。アルゼンチンで19、20日に開く主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、仮想通貨の国際的な規制の枠組みづくりが焦点となる。【ワシントン清水憲司、ロンドン三沢耕平、北京・赤間清広】

 「すべての金融市場の安全を保つため、世界が同じ規制を行うべきだ」。投機取引の拡大などで存在感を高め…

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1591文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです