メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

IT国家インドでの送り状処理=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 インドのモディ政権は革新的な試みを次々と導入する。中国と並んで人口の多いインドで、しかも連邦政府に対抗することもまれでない強い州政府の存在下で実験国家が成立することは現代史においても特筆すべきことだ。

 昨年7月には連邦政府のレベルでの財・サービス税(GST)という一般間接税の導入が決まった。従前は州ごとに間接税体系が異なり、州際ごとの貨物足止めも日常だった。これではサプライ・チェーン・マネジメントという部品を多く調達して最終組み立てを行う製造業各社にとっては、甚だしく不都合だった。メーク・イン・インディア(インドでの製造)を呼びかけるモディ首相にと…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです