メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を探して

東日本大震災7年/7止 故郷思い生きていく 移住先で地域に貢献

自宅近くの梅林を散歩する林崎隆さん(右)と妻の恵美子さん=埼玉県熊谷市で、太田康男撮影

 東京電力福島第1原発の北約17キロ、福島県南相馬市にある集落。林崎隆さん(69)は、妻恵美子さん(67)と自宅の母屋や離れを酒と塩で清め、両手を合わせた。「お世話になりました」。代々受け継いだが、解体する家の見納めだ。「振り返るなよ」。車で埼玉県熊谷市に向かう5時間半、会話はない。二人はひたすら前を見つめた。

 東日本大震災の時は集落の自治会長だった。津波が押し寄せたが、奇跡的に残った自宅に集落の人々が集まっ…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1188文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです