メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FINAL CUT

小河原祥太役は山崎育三郎 「演じてきた中でも特に刺激的な役」

連続ドラマ「FINAL CUT」で小河原祥太を演じる山崎育三郎さん=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)の最終話(13日放送)で、俳優の山崎育三郎さんが小河原祥太役を務めていることが、分かった。ドラマは亀梨さん演じる主人公・中村慶介が、母親を死に追い込んだテレビ番組関係者らに制裁を加えながら、事件の真犯人を追う姿を描く復讐(ふくしゅう)劇で、事件の真犯人と目される祥太を誰が演じるかはこれまで発表されてこなかった。

 山崎さんは、演じる役について「僕が演じてきた中でも特に刺激的な役です。頭が良くて品のある男性という部分と、彼の中にある闇をどういうバランスで演じるか悩みました」とコメント。また、共演の亀梨さんについては「亀梨さんとは同い年で誕生日も近く、4人兄弟の三男で、野球好きで、しかもデビューも同じ年ということが分かって、縁を感じています。話していても感覚がすごく合うので、初共演とは思えないくらいスッと2人の世界観を作れたので、芝居が楽しかったです」と話している。

 ドラマは、12年前、慶介の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生。テレビの情報番組「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬(藤木直人さん)を含む番組関係者、警察、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原雪子(栗山千明さん)、若葉(橋本環奈さん)姉妹に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 最終回は2時間スペシャルで放送。若葉への殺人未遂容疑で現行犯逮捕された慶介は、取り調べに対して黙秘を続けていたが、上司の高田(佐々木蔵之介さん)に突然、「犯人は、俺です」と自白を始める。 “殺人犯”となった慶介は、“驚きの方法で”ついに真犯人と対峙(たいじ)することに。そこには、スクープを狙う百々瀬らの姿もあった。慶介の一世一代の大勝負がついに始まる……という展開。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
  5. 大阪震度6弱 「水、食料を」買い物客殺到 品切れ相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]