メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

18歳成人、閣議決定 婚姻可能年齢、男女同一に

 政府は13日、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる民法改正案を閣議決定した。女性が婚姻できる年齢を現行の16歳から男性と同じ18歳にする内容も含まれ、2022年4月1日に施行するとしている。成立すれば、1876(明治9)年の「太政官布告」で満20歳とされた成人の定義が変わることになる。

 成人年齢引き下げに伴い、18歳から親の同意なくローンやクレジットカードなどの契約が結べるようになる。親の同意のない法律行為を取り消すことができる「未成年者取消権」も18歳からは適用されず、消費者トラブルの拡大も懸念される。

 このため、政府は消費者契約法改正案を既に国会に提出。不安をあおって商品を売りつける「不安商法」や恋愛感情につけ込む「デート商法」などによる不当な契約を取り消すことができる規定を盛り込んだ。若年者への消費者教育や自立支援策、成人式の在り方など施行後に生じる可能性がある問題について、関係省庁が横断的に対応する検討会も近く政府内に設置される。

 政府は民法改正案とともに、18歳以上で有効期間10年のパスポートの取得ができるようにする旅券法の改正や、性同一性障害の人が家庭裁判所に性別変更の申し立てができる年齢を18歳以上とする性同一性障害特例法の改正なども予定している。飲酒、喫煙、競馬など公営ギャンブルについては「20歳未満」の禁止を維持する方針。一方、少年法の適用年齢(現行20歳未満)の引き下げの可否は、昨年2月に法制審議会(法相の諮問機関)に諮問され、議論が続いている。

 成人年齢引き下げを巡っては、法制審が09年に「18歳に引き下げるのが適当」と答申。15年6月に選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が成立し、付則には民法の成人年齢や少年法の適用年齢の引き下げについて「検討を加え、必要な法制上の措置を講ずる」と盛り込まれていた。【鈴木一生】

民法改正案の主な変更点

・18歳から親の同意なくローンやクレジットカードなどの契約が結べる

・女性が婚姻できる年齢が16歳から18歳に

・18歳から法定代理人抜きで民事裁判の提起が可能に

・18歳で10年パスポートの取得が可能に

・18歳から性別変更の申し立てが可能に

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです