メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島根

流通しない小魚を有効活用 缶詰やだしに加工

商品として流通していない魚を加工する島根県水産技術センターの職員ら=島根県水産技術センター提供

 これまで商品として流通していなかった小さい魚を有効活用する取り組みが島根県西部で進んでいる。県水産技術センター(浜田市)が、浜田漁港に水揚げされる魚の鮮度の良さに着目。缶詰やだしに加工してみると、うまみ成分の一つイノシン酸が市販の缶詰やだしの倍以上含まれていた。昨年12月、地元の水産加工会社が缶詰の生産を始めた。【長宗拓弥】

 浜田漁港を拠点とする巻き網2船団は漁場が港から1、2時間以内にある。漁獲後すぐに氷を張った水槽に投…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです