メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

流氷の世界、戦うオオワシ 知床半島

流氷の上で競り合うオオワシ=北海道・知床の羅臼町沖で2018年2月27日、梅村直承撮影

 国の天然記念物のオオワシとオジロワシの群れが、流氷に覆われた世界自然遺産・知床半島の羅臼町沖上空を舞っている。

     翼を広げると2メートル以上になる勇壮な姿を目当てに観光クルーズ船が訪れ、飛び上がると乗客から歓声が上がる。

     羅臼町と北方領土・国後島に挟まれた根室海峡ではこの時期、流氷と2種類のワシを撮影する写真愛好家が詰めかけるが、ここ数年は写真を撮らないツアー客も増加。クルーズ船の予約をとるのも難しい状況だ。クルーズ船の長谷川正人船長(56)は「タンチョウやシマフクロウとセットで日本を訪れる欧米、アジアの観光客が年々増えている」と話す。

     流氷が遠のく3月中旬までクルーズは行われる予定だ。【梅村直承】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
    2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
    3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
    4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
    5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです