メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハーグ条約

子の返還拒否、違法性判断 最高裁15日判決

ハーグ条約実施法に基づく子の返還手続き

 米国在住の父親が、息子(13)を連れて日本に帰国した母親に子の引き渡しを求めた人身保護請求の上告審判決が15日、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)で言い渡される。母親は、国境を越えて連れ去られた子の扱いを定めた「ハーグ条約」の国内実施法に基づく裁判所の返還命令に対して引き渡しを拒んでいる。最高裁は、この点が人身保護法の禁じる「違法な身体拘束」に当たるかの判断を示すとみられる。【伊藤直孝】

 ハーグ条約を巡っては、裁判所の返還命令を受けた親が子を返さず、引き渡しの強制執行にも応じないケース…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文862文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです