ドローンで見た被災地

(5)飯舘村・ソーラーパネル

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災から7年を経て、原発事故の影響で営農ができなくなった田畑や牧草地などに今、数多くのソーラーパネルが並んでいる。

 福島県飯舘村の深谷地区。元々は水田だった場所に作られた約2.7ヘクタールの大規模太陽光発電所(メガソーラー)が2016年6月から稼働中で、地域の復興のシンボルとなっている。

 売電収入を復興に活用する取り組みは、ほかにも富…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集