メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友文書改ざん

昭恵氏喚問を 野党、首相関与厳しく追及

「財務省『森友文書』ねつ造疑惑野党合同ヒアリング」で財務省担当者(左)を問いただす野党議員ら=国会内で2018年3月12日、丸山博撮影

 財務省による学校法人「森友学園」関連の決裁文書の改ざん問題で、野党は12日の財務省の説明に納得していない。特に、安倍晋三首相の妻昭恵氏に関する記述が削除されていたことを重視。佐川宣寿前国税庁長官に加え、昭恵氏と、当時同氏付だった政府職員の証人喚問を求め、首相の政治責任を追及する構えだ。

 民進党の増子輝彦幹事長は12日の記者会見で「昭恵氏に関する記述が削除された点が重大な問題だ。誰の指示で書き換えられたか、核心部分を明らかにしなければならない」と強調した。

 麻生太郎副総理兼財務相は12日、「ほかの政治家の名前が挙がっている資料だった。その中に(昭恵氏が)…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 交通事故 ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです